So-net無料ブログ作成

桜田淳子 気まぐれヴィーナス 責任者出てこい! [桜田淳子 歌]

桜田淳子 -♪気まぐれヴィーナス


どうも私の頭の中はこれで擦り込まれている様で、桜田淳子さんの「気まぐれヴィーナス」を聴くと”ボヤキ漫才”の人生幸朗・生恵幸子師匠を思い出してしまいます。パブロフの犬状態 ^^;
師匠の漫才は、歌を題材にしたボヤキ漫才。
沢田研二さん、松山千春さん、山口百恵さん、色んな方が出てきます。
明治生まれで歌謡曲やニューミュージック界の若手の歌をしっかりネタにしていたのがすごいです。
常に聴き込んでいたのでしょうね。

人生幸朗.jpg

そんなボヤキ漫才、桜田淳子さんもしっかり餌食に。
テレビで師匠の漫才を聞くと、よくこのフレーズが聞こえてきましたね。

♪去年のトマトは青くて固かったわ、だけどいかが、もう今年は赤いでしょう〜
「そんなもん、先に腐っとるわ、腹こわしたらどうないすんねん、責任者出てこい!、バロ〜!」

インパクトが強過ぎて、いまだに抜けきれません。
私の「気まぐれヴィーナス」は人生幸朗師匠のボヤキ漫才、曲を聴いても淳子さんでは無く、師匠の顔が浮かんできます。



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 1

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
青大将

この爺さん、76年の夏には、岩崎宏美の『未来』をネタに、「♪あ~私の未来はあなたと同じ~♪・・・・じゃあ、ワシとやったら、一緒に漫才やるんかい!」
と、突っ込んでおりました。



日曜の昼に、床屋のテレビで散髪しながら観てた、牧伸二司会『大正お笑い寄席』での記憶でした。m(_ _)m
by 青大将 (2013-07-08 23:33) 

s-img

> 青大将 さん

人生師匠の話しを同僚とすると他の曲よりも”気まぐれヴィーナス”の話題になります。
彼は同年代ではありませんが、世間的にもインパクト強かったのでしょうかね。
あの頃は「お笑い寄席」や「花王名人劇場」などなど生粋のお笑いに触れる機会が多かったですね。


by s-img (2013-07-18 17:38) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。